• 茅野スポーツ公園そば!
  • 駐車場完備!

0120-919-261

取引相場のない株式(非上場株)

取引相場のない株式等の評価方法

取引相場のない株式等の評価方式の区分

上場されていない株式の評価方法は少し複雑です。

非上場株式の相続税を計算する方法として4つの評価方式があり、どの方式を使って計算するかによって算出額が異なります。

そのため、まずはどの評価方式で計算するかを決定します。

評価方式の決定方法は下記となります。

  1. 会社の年間取引額や従業員により、大会社、中会社、小会社のいずれかに分類する
  2. 大会社は、原則として「類似業種比準方式」により評価する
  3. 中会社は、原則として、大会社と小会社の評価方法を併用して評価する
  4. 小会社は、原則として「純資産価額方式」により評価する

類似業種比準方式

類似業種比準方式とは、評価しようとする非上場会社と事業内容が類似する業種目に属する複数の上場会社の株価の平均値に、評価会社と類似業種の1株当たりの配当金額、1株当たりの年利益金額、1株当たりの純資産価額の比準割合を乗じて、取引相場のない株式の価額を求める評価方法です。

業種ごとの株価や比較要素は月ごとに国税庁で公表されています。

純資産価額方式

純資産価額方式とは、会社の資産から負債を引いた分の額に対して、相続税を課税するというものです。

配当還元方式

また、株式の持ち株割合が非常に低い場合には、上記の原則的な評価方法ではなく、「配当還元方式」という配当金額を一定の割合で還元して株価を評価する方法を採用できることもあります。

配当金額を一定の利率で還元して株価を評価する方法を採用することがあります。

もし、所有する株式の持ち株割合が非常に低い(15%未満)場合は、以下の計算式により試算してもいいでしょう。

1株当たり資本金額×(直近2年間の配当額の平均÷資本金の額)×(1÷10%)

PAGETOP